あったかカフェいぶき  2021☕

~ 小耳にはさんだ栗のおはなし ~

栗には、ビタミンC・B1・B2・食物繊維・葉酸など様々な栄養素が含まれており、かなり美容効果が期待できるそーな。
●美肌効果が期待できる
栗に含まれる様々な栄養素がお肌の健康をサポートしてくれ特にビタミンB1・B2はニキビや肌荒れに効果的♪ 女性には嬉しい成分が入っているとのこと。
●冷え性の改善が期待できる
栗は体を温めると共に胃腸や腎を強くする、滋養強壮の食べ物だそうですよ。
●便秘改善が期待できる
食物繊維は便秘改善に働き、また、糖質をエネルギーに変える働きをしてくれる優れもの!!

栗のシーズン到来!!むくのが少々・・という方も今は栗むき機を使うと簡単にむけちゃいます♪

注:栗には多くの食物繊維が含まれており、おならが出やすくなる食べ物です。


8月31日はやさいの日!!季節の野菜を食べましょう♪

夏野菜の代表ともいえるトマト!!ビタミンC、

ビタミンE、カリウム、リコピン、βーカロテンなど含んでいて生活習慣病予防や老化抑制の効果があるといわれているようです(^^♪

次はキュウリさん・・・キュウリは栄養は全くないと思っていましたが・・とんだ大間違い、キュウリの90パーセントは水分のようですが、その水分が只者でない。

βーカロテン、ビタミンC、ビタミンK、カリウムなどが含まれているそうです。カロリーが少ない野菜としても知られていますね(^^♪またイソクエルシトリンという成分が利尿作用をしてくれるので、むくみの改善になるとのこと。

他にもトウモロコシやナス、ピーマン、ゴーヤ、オクラなど夏にとれるお野菜はたくさんあり栄養がギュッとつまっています。栄養満点で残暑を乗り切りましょう(*^-^*)

         ※ちなみに初めて知ったことがありました!!トウモロコシの粒数は偶数ってみんさん知っていましたか??


 

ちょっと知ってみたうなぎの話(^^♪

みなさんは好き?嫌い?

ちなみに私は好き(*^▽^*)♪

毎日毎日暑いので💦なんか栄養満点なものを食べたいなーと思う今日この頃・・・・

土用の丑の日にはぜひうなぎを食べたぁい!!なんて思われる方も多いですよね!

ところで、よく耳にする土用の丑の日ってそもそもなんでしょう

今月で申しますと2021年は7月28日(水)のようですが・・・なぜこの日にうなぎを食べるのでしょうか。

そもそも「土用」って何?丑の日とは?とはとは・・・みなさん考えたことありますか??

土用とは、「季節の変わり目の約18日間」のこと。だそうです。

本来は夏だけではなく、立春・立夏・立秋・立冬の直前に、年4回あるそうです♪ 知ってましたか??

じゃ・・・なぜ“土”なのかというと、「季節の変化の種をうけとめて芽生えさせる、クッション的な準備期間」という意味が込められているから。なんだそうですよ( ..)φメモメモ!!

古代中国に、「この世のすべては、木・火・土・金・水の5つの要素でできている」と考える五行思想がありました。春はぐんぐん育つ木、夏は燃える火、秋は実りの金、冬はシンと静かな水…と、イメージを四季に当てはめていくと、土がひとつ余ります。

そこで「土」は、種をたくわえ、芽を出させるという土の働き(土用)に着目して、4分割して割り振られたのです。

つまり、運気が変化する時期ということですね!!

では「丑の日」は?というと、干支(えと)の十二支からきているとのことです。

十二支は年にもありますが、1日にもあり、12日ごとに繰り返されます。すると約18日間の土用の期間中に、丑の日が1~2回発生します。これが土用の丑の日。ということのようです!!丑という字は「紐(ひも)・絡む」と同義で、「種の中で芽が育ちつつ、まだ伸びていない」という意味があります。日本では丑の日を特別な日とする習慣があって(丑紅など)、特に梅雨明けに重なる夏の土用の丑の日は、重要な日だったようです。この日は、からだをいたわり精が付くものを食べることが行われてきたということみたいです。季節の変わり目は体調をこわしやすいということでしょうね。皆さんも季節の変わり目要注意。まだまだ猛暑日が続きそうですが栄養満点でこの夏をのりこえましょう!!


~梅雨から夏にかけて~

梅雨が明けて暑くなり始める6~7月、特に高齢者の方が注意しておきたいポイントや、かくれ脱水症状、蒸れやかぶれ、カビやダニなど、それぞれの対策や食事面での注意点についてお話させていただきます。

暑い夏を健康的に乗り切るための参考にご覧ください(*^-^*)

ジメっとした高温多湿の梅雨が明けると、ギラギラ太陽が照りつける猛暑の夏がやってきます。

7/13梅雨が明けたとの話を小耳にはさんでおります('◇')ゞ

まだ身体が暑さに慣れていない梅雨明けから、体調を崩す方も増えてきます。
特に高齢者の方は体温調節機能が弱いために、熱中症のリスクが高まる傾向があります。

かくれ脱水症状に注意!

これは軽度の脱水症よりもさらに前の段階で、症状を自覚しないまま対策がとれていない状態を指します。
特に高齢者の方はその状態から元に戻る力が弱く、通常の脱水症に陥りやすくなります。
やがて、けいれんや意識障害など熱中症の重篤な症状を引き起こすことにもなりかねません。

この時期に体がだるい・食欲がない・疲れやすいと感じたらかくれ脱水の可能性がありますので、水分補給をこまめに取り、規則正しい食生活を送りましょう。

・手の甲の皮膚をつまんでみて、離した後につまんだ跡が3秒以上残る
・口の中がねばつき、食べ物を飲み込みにくい
・便秘気味

こんな症状があらわれるようになったら、かくれ脱水症状を疑ってみましょう。


 

5月といえば・・・まめまめ知識~編

運動会!!私たちの子供のころは運動会といえば10月でしたが今は5月に行われることが多いようですね。

日本で運動会が行なわれるようになったのは、明治時代とのこと。当時は「体操会」「体育大会」「競闘遊戯会」などの名称で呼ばれていたそうです。

次に思いつくのは・・・

こいのぼり!!こいのぼりが広く一般に飾られるようになったのは、江戸時代になってからのこと。男の子の立身出世と健康を祈願する風習で、中国の故事にならったもらしいですよ( ..)φメモメモ

5月は母の日やこどもの日、ゴールデンウイークや、博多どんたくなどいろいろ盛りだくさんですね(*^-^*)

ちなみに色々見ていくなかで「ほぉぉ!!」と思いましたのが  "こどもの日"について・・

国民の祝日に関する法律では、こどもの日の趣旨は「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。」とされているとのことです!(^^)!ちゃーんと意味があるのですね。 奥がふかいなぁ このように意味を知っていくとただの休日とは違った過ごし方ができそうですね(^^♪        次回につづく・・・

あったかカフェいぶきはもうしばらくお休みをいただく予定です。皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。

 



みなさん(*^-^*)こんにちは!

3月もあっという間に過ぎさり、入学式シーズンとなりました!!あちらこちらには桜、つつじ(*^-^*)など色とりどりの花たちが綺麗に咲き誇っています💛

なんだか暖かかったり寒くなったりで空気は乾燥しお肌はカサカサバリバリ💧

温度調節が難しい時期でもあるので体調を壊さないように日々の健康管理が大事になってきますね(*^-^*)

そこで・・・・

ちょっとカラダに良い話!!

            アルカリ性の食べ物がからだに良いって聞いたことありますか?

私たちの身体に流れている血液が弱アルカリ性らしいです。

それで、身体の内部から外にいくにつれて酸性になるそうなんです。

血液のpHが約7.4みたいなのですが、肌の表皮(一番表面の部分)のpHは約5.0みたいなんです。

ん?ということは数字が少なくなるにつれて酸性になるということみたいですね(*^-^*)

酸性はバイ菌から身を守ってくれるみたいです!!口に入れるものはアルカリ性のもの、身体につけるものは酸性のものが良いといわれています!!



 

昨年からコロナウイルスが流行しコロナに加え冬の間は寒さ、降雪などで外出の機会も少なくなり身体を動かすことが減っちゃって、なんだか身体がだるーい・・・重ーい・・なんてこと

みなさんないでしょうか⁈

 

『春苦み、夏は酢の物、秋辛味、冬は脂と合点して食え』とは、明治時代の食用研究家、石原左玄氏の名言で、季節にあった食べ物を食べることで身体を健やかに保つための言葉みたいです‼

 

この中の「春苦み」とは、冬の間に溜まった脂肪分や老廃物を外に出す!!つまりはデトックスするために、フキノトウをはじめとする、苦みのある山菜を食べるとよい、という意味のようです。(ふむふむ)( ..)φメモメモ

実際、長い冬眠から覚めたばかりの熊は、先ずはフキノトウを食べようと探し歩くのだそうです。(ほー)🐻に注意❕

 

また、太平洋側は特に、冬から続く乾燥した空気のせいで肌も乾燥しています。(ですです!!表皮はバリバリ 小じわが増えちゃう)

その上にPM2.5や花粉などの汚染物質の影響でアレルギーによる湿疹、肌荒れ、また花粉症などの疾患を起こしやすくなっています。

(まさに今時期!!)鼻はモゾモゾくしゃみ鼻水、目はかゆい・・・・悩んでいる方きっと多いはず(*´Д`)

春はデトックスをすると同時に、肌や呼吸器にうるおいを与えてくれる食材をとっておきたいですね。

そこで!!カラダによさそうなものをご紹介したいと思います!(^^)!

 

桜の葉や花の香り成分には、「クマリン」という抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれており、血行促進、むくみ改善によるデトックス効果、抗菌作用や老化防止作用があるそうです♪ 桜の花や葉を使ったお菓子など今からいいでしょうね!!

 

 よもぎも、デトックス効果のある山菜として知られているようです。浄血、造血作用、からだを温め、むくみ解消効果にも優れ、和製ハーブの女王とも呼ばれているそうです。都心にも意外に多く生えているようですが、同じ仲間のキク科の植物と見分けがつきにくいことがあるようです。よもぎに似たよもぎもどきちゃんがいるようなので自然に生えているものを採取される場合は気を付けてくださいね

本日はここまで・・・次回につづく(^_^)/”

 


 

 

 

 

 

 

    は~るよこい♪

        は~やくこい♪

 

 


 

1月8日(金)本日⛄

昨日より降り始めた雪が

大刀洗ぜぇーんぶを真っ白にしてとても綺麗です♪(*^▽^*)雪がたくさん降っています✨

雪の日はいつものごとく童心にかえり⇒

またまた作ってみましたちょっぴ大きめな

雪だるまさん💛



あけましておめでとうございます!!

新しい年を迎えみなさまにとって素敵な1年になりますように心からお祈り申し上げます(*^-^*)♪

一日も早くコロナが収束することを祈り、みなさまと楽しく元気に活動できる日を楽しみにしております(*^-^*)

寒い日が続いております!みなさまおこたで暖かくしてお過ごしください♪寒いですが時々換気もしてくださいね(*^-^*)

 本年もよろしくお願いいたします(*^▽^*)

 

 



  あったかカフェいぶき  2020

 

新型コロナウイルス感染症対策の為、R2年度より休館としておりましたが、まだまだ感染対策が必要であり当面の間休館となりましたのでみなさまにお知らせいたします。

カフェ開催を楽しみにしておられた皆さまには大変ご迷惑をおかけしております。

今年も残すところあとわずかとなりました(*^-^*)

みなさまの1年はいかがでしたか!(^^)!

ちなみに私の1年は”変化”の1年でした!

また新たな1年を1日も早くみなさまと楽しく元気に過ごすことができますように。

寒い日が続いております。みなさま♪あったかくして過ごしてください(^^♪

再開時はホームページにてお知らせいたします(*^▽^*)

 お問い合わせ:聖母園ケアプランサービス

℡:0942-77-5431  担当:黒岩周子